新着情報

新河原町ビルのコンセプトについて

 京都信用金庫河原町ビルは、老朽化に伴う建替えにより2020年10月末に当金庫の新たなシンボルタワーとして生まれ変わります。
 これからの時代、地域には課題に向き合い、共に解決へと協力するコミュニティが必要です。そこには地域の企業、そこで働く人、起業家、学生、住民など様々な人々がフラットに存在すべきであり、様々なジャンルの企業や人々が交流することが大切だと考えます。

新河原町ビルのコンセプトについて


 コミュニティの原点は、様々な人々のクエスチョン、問いであると私達は考えています。クエスチョン(問い)には「who?what?why?」のような身近なものもあれば、もう少しその人の奥深くにあるものもあり、どれもとても大切なものです。
 様々な人々がクエスチョンや問いに気づき、持ち寄り、寄ってたかって新たな気づきに変えていく。そのプロセスでコミュニティが生まれ、そこでは社会にある様々な課題を皆が「自分ごと」として捉え、解決しようとする風土が生まれてくると考えます。

新河原町ビルのコンセプトについて


 私達は、新河原町ビルを「気づき、集まり、対話」の循環の起点とし、豊かな地域社会の共創を目指します。

【協業パートナー企業】

協働運営
株式会社 ツナグム
特定非営利活動法人 グローカル人材開発センター
学校法人 瓜生山学園 京都造形芸術大学
株式会社 クロステック・マネジメント
デザイン
株式会社 GK京都
色彩銅版画家 Candy Circus 舟田潤子
設計
株式会社 東洋設計事務所
施工
積水ハウス 株式会社

【オープン予定日】

2020年10月末


【名称】

QUESTION


 「QUESTION」は、様々な人々が様々なジャンルの「?」を持ち寄る場所にしたいという想いから生まれた名前です。
 一人では解決できない「?」に対して様々な分野の人が集まり、みんなが寄ってたかって「?」を「!」に変えていきます。そして、その過程で生まれる、新たな出会いや変化、誰かの役に立てる実感は、関わる一人ひとりに喜びや幸せをもたらし、それが地域の豊かさに繋がっていくことを願います。

  • ※2019年1月25日から3月29日まで河原町ビルの愛称の公募を行い、全国より379件ものご応募をいただきました。厳正に検討させていただいた結果、今回は該当なしとさせていただきました。

 大変多くのご応募をいただきまして、誠にありがとうございました。