京信でんさいサービス

京信でんさいサービス


でんさいネット/でんさいとは?

  • 全国銀行協会が設立した電子債権記録機関が、(株)全銀電子債権ネットワークです。
  • (株)全銀電子債権ネットワークの通称を「でんさいネット」、同社が取り扱う電子記録債権を「でんさい」といいます。
  • 「でんさいネット」は、利用者がインターネットなどから窓口金融機関システムを通じて取り扱う「でんさい」を記録・管理します。
  • 「でんさいネット」には、信用金庫をはじめ、全国の金融機関が参加します。

「でんさい」ご利用のメリット

支払企業(支払人)のメリット
  1. 事務負担が軽減、搬送コストも削減
    手形発行および振込の準備など、お支払に関する面倒な事務負担が軽減されます。さらに、手形の搬送コストも削減されます。
  2. 印紙税の負担軽減
    手形と異なり印紙税は課税されません。
  3. 支払手段の一本化
    手形・振込・一括決済など、複数の支払方法を一本化することが可能となり、資金管理の効率化が図れます。
納入企業(受取人)のメリット
  1. 紛失、盗難のリスクを回避
    ペーパーレス化により、紛失や盗難の心配がありません。また、厳重に保管、管理する必要がなくなり、無駄な管理コストを削減することができます。
  2. 必要な分だけ分割・割引が可能
    必要な分だけ分割して譲渡や割引をすることが可能となります。手形にはない「でんさい」特有のメリットです。
  3. 取立手続き不要
    支払い期日になるとお取引金融機関の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続きは不要です。
  4. 資金繰りに有効活用
    「でんさい」は流通性の高い債権であり、これまで資金繰りに活用できなかった債権の譲渡や割引などが可能になり、無駄なく有効に活用することができます。

取引イメージ

1「でんさい」の発生 お取引金融機関を通じて、でんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行うことで、「でんさい」が発生します。
2「でんさい」の譲渡 お取引金融機関を通じて、でんさいネットの記録原簿に「譲渡記録」を行うことで、「でんさい」を譲渡できます。必要に応じて債権を分割して譲渡することもできます。
3「でんさい」の支払 支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、納入企業の口座へ払込みが行われます。でんさいネットが支払が完了した旨を「支払等記録」として記録しますので、面倒な手続きは一切不要です。また、手形と異なり、納入企業は支払期日当日から資金を利用することが可能となります。
「でんさい」の取引イメージ図

「でんさい」の取引イメージ図