キャリアアップと研修制度

京都信用金庫は、地域のお客様に安心と満足を提供するとともに、職員一人ひとりが「自己実現」を目指せる金融機関でありたいと考えています。そのため、「豊富な経験と高度な専門知識を兼ね備えた『金融のプロ』の育成」と、「職員の自主性・主体性を尊重したキャリア形成」を重視した、きめ細やかな研修制度を用意しています。

入社後研修

金融機関人としての基礎を固める

■入社2年間プログラム

新入職員は「入社2年間プログラム」により専門知識とスキルを身につけ、「金融のプロ」になることを目指します。入社直後の集中研修のほか、定期的に行う研修で金融業務の基礎と投資信託や生命保険などの商品知識、セールストークまでを段階的に習得。資格試験対策講座も開講し、各研修終了後には必要に応じて本部スタッフが面談を行い、スキル面以外でもフォローします。

プログラム詳細

必須科目
【資  格】
一般会員証券外務員二種資格
生命保険募集人資格
損害保険募集人資格
【通信教育】
やさしい金融法務コース
【検定試験】
法務3級
選択科目
【検定試験】
財務3級
税務3級
日商簿記検定3級等
※必須科目+選択科目(1科目以上)を要取得
研 修 預り資産販売研修、相続事務研修、
窓口ロールプレイング研修、諸届研修、貸出協議書研修、
不動産研修、住宅ローン研修、個人ローン研修 等
Photo

■入社後集中研修

預金・融資業務の基礎講義や端末オペレーション研修、接客ロールプレイングなど、実務を重視した研修を集中的に行うことで、早期の業務知識および金融実務の習得を目指します。

Photo

■インストラクター制度

新入職員が早期に業務を習得できるように、同じ支店の若手職員が専任のインストラクターとなり新入職員一人ひとりをサポートします。わからないことばかりで不安が多い入社直後でも、インストラクターのサポートによって安心して業務に取り組めます。

Photo
PAGE TOP

公募研修制度

人間力を高めて魅力あふれる職員を育成する

■チャレンジ研修

研修テーマの設定から研修先企業や地域の選定、スケジュールの設定までのすべてを自分で行う自由度の高い研修制度です。研修先は国内・海外を問わず、コミュニティ・バンクの一員として必要な“絆”をつくり上げる力を養ったり、アドベンチャー精神を持って見知らぬ土地で新たな経験を積んだり、人間力を高めて社会人として成長することを目的としています。

【国内チャレンジ研修】

2008年入社 小窪 祐洋(企業金融 営業担当)

訪問先 仙台市:南紫市場、復興屋台村、塩釜水産物仲卸市場 等
テーマ 東日本大震災の被災地で復興を目指す事業者の取組と想いを学ぶ
体験談 震災で壊滅的な打撃を受けた被災地の企業。その被災地で復興屋台村の商店や日本初の創業事例となった牡蠣生産企業を訪問し、人々の生の声を聞いてきました。「この町で商売がしたい」「地域を守りたい」という人々の熱い想いに触れるとともに、地域の事業者同士が協力し合って再生に取り組む姿を目の当たりにしました。この経験を通して、私たち地域金融機関は地域の特色やニーズを的確に掴み、事業者の想いに向き合い、理解し、共感しなければいけないと改めて強く実感しました。
Photo

【海外チャレンジ研修】

2001年 西岡 良倫(企業金融 営業担当)

行先 インドネシア共和国
訪問先 日系中小企業の現地法人、インドネシア国際銀行 等
テーマ インドネシアに進出した中小企業の現地事情を学ぶ
体験談 企業が海外進出する際に苦労することやその国の文化について体験し、そこで学んだことを地元中小企業に還元したいと思い、この研修にチャレンジしました。現地での体験で私が感じた海外進出企業にとっての重要なポイントは、「ローカリゼーション(順応同化)」と「人のつながり(人脈)」です。文化や言語の異なる人たちとコミュニケーションをとるためには、まずはその国のルールやしきたりを理解することが必要です。そして、Face to Faceのつながりはもちろん、ITでのつながりも海外では強力な武器になるということです。これからは、この研修で学んだことや経験を生かし、それぞれの地域の特性、お客様に合わせた営業をしていきます。
Photo

前列右から4人目が当金庫職員です

■取引先企業派遣研修

約1ヵ月間、取引先企業の従業員として実際に働くという実践型の研修です。通常の営業活動では目にすることのない企業の現場を肌で感じながら、“企業の実際”を体感。経営者、従業員の立場で企業を見つめることで、お客様目線でのサービスを再認識し、業務に必要な営業力、接客スキル、心に働きかける人間力を養うこと、また取引先との人間関係の強化を目的としています。

2011年入社 櫟 芳哉(企業金融 営業担当)

研修先 印刷業
体験談 この研修に参加したのは、実際に現場で働くことによって、新たな角度から物事を捉え、多くの気付きから自身の見識を広げることができ、今後の営業活動に大いに活かすことができると考えたからです。派遣先では、データ制作に始まり製版、印刷、製本と商品が実際に完成するまでの工程の仕事をさせていただきました。定期的に勉強会が行われており、従業員が一丸となって仕事に取り組んでいる姿や、Noとは言わずに何事にも誠心誠意取り組む姿勢には感銘を受けました。また業界への理解を深めることができたことは企業金融担当として人として財産になりました。今回、研修で学んだ事を私一人だけではなく店舗職員と共有し、これからの業務に活かしていきたいと思います。
Photo

■コミュニティ・バンク プロジェクト

このプロジェクトは入社1年目から10年目までの職員の中から、「金庫の経営に参加したい、一石投じたい」という意欲と行動力のある職員を募集し、その職員たちが当金庫の諸問題について活発に議論を重ね、その結果を当金庫への提言という形で経営戦略会議の席上で発表します。優れた提言内容の場合は様々な形で事業施策として反映されます。時代の変化に柔軟に対応し、変革していくことのできる職員の育成を目的としています。

Photo
PAGE TOP

京信大学

職員一人ひとりがやりがいや充実感を抱きながら働くには、業務スキルの習得は欠かせません。それとともに、人間力の向上を図りながら、個人の家庭生活や地域生活、自己啓発などさまざまな活動について、選択・実現するという「ワーク・ライフ・バランス」を実践していくことが大切です。京都信用金庫では、個々の人間力の向上を図り、時代の変化に対応できる人材の育成を目的として、自主参加型研修「京信大学」を開校し支援しています。「京信大学」は、金融知識に関する勉強会や各業界研究講座を中心にした【専門課程】と、語学講座や日本文化講座、高齢者や障がい者に対する理解を深めるための研修など、一般教養に関する勉強会を中心とした【一般課程】を設けています。

■放課後キャンパス




財務勉強会
簿記勉強会
信用リスク管理研修
中小企業診断士講座
業界研究講座
AFP合格コース
FPレベルアップ研修
各種試験対策講座
マネージメント講座
企業金融研修 等
Photo

■業界研究講座

企業の実態や経営方針について経営者から直接話を聞いたり、工場などの現場を見学したりすることで、各業界に対する理解を深めることを目的とする講座です。製造業を中心に、医療業界、不動産業界、物流業界などのさまざまな業界の現状を学ぶことができます。

  Photo

■FPレベルアップ研修

お客様一人ひとりに合わせたきめ細やかな接客サービスを提供するため、金融機関人として必要なファイナンシャル関連の知識と専門スキルの向上を目的とする講座です。




中国語会話講座
英会話講座
日本文化講座
サービス介助士検定取得講座
金融市場セミナー
人間力向上セミナー
女性キャリアアップ研修
シニアライフプランセミナー 等
Photo

■日本文化講座

日本文化を学びながら、「伝統」「おもてなし」「礼儀作法」に直に触れることで人間力の向上を目指す講座です。お寺での座禅体験やお茶の礼儀作法などを学びます。

  Photo

■サービス介助士検定取得講座

高齢化社会が進む中、金融機関においては高齢者や身体の不自由な方に配慮した窓口での受け入れ態勢が強く求められています。この講座は、「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を学ぶことを目的とし、車いすの操作方法や高齢者疑似体験などの実技教習があります。

PAGE TOP