福利厚生制度

仕事と生活の調和「ワーク・ライフ・バランス」を大切にする

産前産後休業・育児休業中のサポート体制

京都信用金庫では、生涯にわたりキャリアプランを描いていけるよう支援しています。産休は通常産前6週間、産後8週間、育児休業は子供が5歳になるまで確保。またブランクによる影響が出ないよう、育児休業中には情報交換ツールで連絡を取り合うほか、業務に関する課題を用意しています。

■育児休業者職場復帰プログラム「ほっとらいんシート」

近況について連絡を取り合い、情報を共有します。また、休業中のさまざまな疑問・質問にも答えています。

■在宅講習課題

時事問題や金庫業務に関連した内容の課題を毎月1回送付。復職時に困らないよう知識面での支援を行います。

育児短時間勤務

職場に復帰した後も育児との両立をバックアップ。乳幼児の育児に支障をきたさないよう、小学校4年生に満たない子供を養育する際には、申し出があれば、勤務時間を育児のために最大で2時間短縮、または勤務時間を6時間とすることが可能です。また1歳未満の子供を養育する際には、育児休憩時間を取ることもでき、毎日の勤務時間中に2回、1回あたり30分の休憩が認められています。

Photo

女性の人生にとって大きなイベントをしっかりサポートしてもらえる安心感 - 私は産前産後休業を取得した後、子供との時間を過ごすために育児休業制度を利用しました。毎月送付される「在宅講習課題」により、販売商品の変更点など復職に向けてサポートしてもらえることが心強かったです。現在は育児短時間勤務制度を利用して午前9時から午後4時まで勤務しています。女性にとって人生の大きなイベントである出産や子育てを会社に支えてもらえる安心感が大きいですね。これからは子供の成長に合わせて勤務時間を1年ごとに見直し、いずれは出産前のようにフルタイムで働きたいと考えています。 - 2000年入社 満島 育美  Ikumi Mitsushima

 

キャリア・パートナー制度

結婚・妊娠・出産・介護など、やむを得ない事情で退職する職員に対して、再び職場に戻れる機会を提供する制度です。現在働くことができなくても、今後近いうちに職場復帰を希望する職員であれば、誰でもキャリア・パートナーとして登録できます。登録期間は退職から5年間。京都信用金庫で積み重ねたキャリアを活かすことができます。


人と人の絆に感謝

Photo

 

休暇取得制度

京都信用金庫では、有給休暇の取得促進を行うため、さまざまな制度を実施しています。

※1日ずつ年2回、本人・家族の誕生日や結婚記念日等で利用可。

また、通常の有給休暇とは別に以下の特別休暇を取得できます。

 

充実した休暇で心と身体をリフレッシュ

「子育てサポート企業」の認定

子育てサポート企業ロゴ

平成26年、当金庫の仕事と子育てを支援するための取組*が評価され、京都労働局より「子育てサポート企業」の認定を受けるとともに、「次世代認定マーク(愛称:くるみん)」が付与されました。

*長期的な視点から「仕事と子育て」が両立できる職場環境を整備
*育児休暇制度の拡充および利用促進
*産休・育休取得者の職場復帰をスムーズにするための「職場復帰プログラム」の拡充
*有給休暇の取得率増加・勤務時間の厳格な管理による、ワーク・ライフ・バランスを実現する職場環境の醸成 等

PAGE TOP