職員を知る

企業金融の営業担当として地域で一番になりたい

Photo
企業の未来を創造する

地元の京都で生涯に亘って働きたいと考え、地域に密着した信用金庫への就職を志望していました。京都信用金庫は、職員の気さくな人柄が魅力的でした。そう感じたのは、面接試験直前のことです。緊張していた私に対して職員が「どういうところを受験しているの?」と笑顔で話しかけてくれたおかげで、リラックスして面接試験に臨むことができました。入社後は融資業務を経験し、現在は企業金融の営業担当として、中小企業や個人事業主のお客様に対し、資金支援や創業支援、再生支援を行っています。このような事業支援のプランを練る際には、企業の5年後、10年後の財務状況を見据えるようにしています。また、お客様と接する際には他行と差別化を図るため、補助金制度の利用サポートや街の条例改正のご案内など、プラスアルファの価値の提供をめざしています。京都には数々の金融機関が拠点をおいていますが、お客様にとって一番の営業担当になるのが私の目標です。

企業の発展や再生を見届ける仕事

中小企業の中には担保がないけれど、資金を必要としている企業が数多くあります。だから、京都信用金庫では事業性評価による金融支援を採用しています。事業性評価とは、企業経営者の経験や能力、事業への想いなどをもとに、事業内容や成長可能性などを適切に評価して行う融資のことです。たとえ財務状況が厳しくても、事業の中身を掘り下げたうえで、将来性があると感じれば、融資を実行することもあります。また、経費削減や事業の見直しなどを条件とすることもあります。その結果、企業の発展や再生に立ち会えたときは、大きなやりがいを感じます。

Photo
Photo
新人たちへ京信魂を受け継ぎたい

若手が育たないと、会社は成長しません。だから、私自身、後輩の質問には、業務の手を止めてでも答えます。また、京都信用金庫の職員として働く誇りを伝えるために、後輩に働く背中を見せるようにしています。会社としての人材育成で思い出に残っているのは、入社5年目に参加したチャレンジ研修です。この研修は自分で研修先を選べるのが特長で、私は400年の歴史を誇る香川の商店街の再編に携わった理事長にお話を伺いに行きました。そこで知った街づくりのノウハウは、京都の商店街を担当した際に大変役に立ちました。

職員を知る TOPへ
PAGE TOP