職員を知る

「また来たい」と思っていただける金融機関をめざして

Photo
お客様の満足が、仕事の原動力

くらしのアドバイザーとして、窓口業務を担当しています。入出金や振込、口座開設、定期預金作成などの手続に加え、保険や投資信託といった資産運用のご提案など、業務の内容は実に多彩。どの業務もお客様の大切なお金を扱う仕事なので、責任感が重要です。仕事をする中で意識していることは、お客様が来店しやすい雰囲気をつくることです。どんなときでも笑顔を絶やさず、少しでも安心や親しみを感じていただけるよう心がけています。入社2年目のとき、あるお客様に定期預金が満期を迎えることをご連絡したところ、「少しの取引なのに、気にかけてくれるのね」とお話されました。後日、そのお客様が来店され、「預金のことはよくわからなくて」とお困りだったので、私はお客様の疑問や不安の一つひとつをお伺いし、安心していただけるように笑顔でゆっくりと丁寧にお答えしました。お客様は「牧さんのおかげでいろいろわかったわ」と喜ばれ、それ以後は何かあると必ず私にご相談いただけるようになりました。お客様とこのような関係を築けることがこの仕事のやりがいだと感じています。

温かい社風に惹かれ京都信用金庫へ

生まれ育った京都で働きたい。人と深く関われる仕事に就きたい。これが私の就職先の条件でした。そこから就職活動を進めるうちに、金融機関の仕事がさまざまな年代や業種のお客様と接することを知りました。その中で京都信用金庫を選んだのは、説明会や面接を通し、お客様との距離がとても近く、どこよりも深く地域に密着している企業であると確信できたからです。また、職員の温かな人柄も魅力的でした。特に印象に残っているのは、面接の待ち時間の際に職員から「自分の思っていることを正直に話すことが大事ですよ」と声を掛けてもらったことです。その言葉のおかげでリラックスして面接に臨むことができ、「こんな先輩たちと働きたい」と強く感じました。

Photo
Photo
おもてなしの気持ちを大切に

金融機関と聞くと堅いイメージがあると思います。もちろん、仕事自体は堅確であるべきなのですが、お客様と接する時は堅苦しくてはいけません。京都信用金庫はお客様をしっかりおもてなししたいと考えており、お客様からは「牧さんや京信の人たちは話しやすいね」というお言葉をよくいただきます。職場の雰囲気はというと、向上心に溢れた人が多く、日々刺激をもらえる環境です。これからの目標は、より多くのお客様との絆をつくり、「また来たい」と思っていただけるような関係を築くことです。そのために、お客様一人ひとりに合ったお話やご提案ができるよう、常にお客様目線であることを意識しつつ、金融機関人としての幅広い知識とスキルを身に付けていきたいです。

職員を知る TOPへ
PAGE TOP