職員を知る

融資業務を通し地域の力になりたい

Photo
説明会で感じた職員の親しみやすさ

「生まれ育った京都に恩返ししたい」と考え、就職活動中は京都に根づいた地方銀行や信用金庫を訪ねました。その中でも、京都信用金庫の職員は説明会の際に「どこ受けるの?」「うちは楽しいよ」と話しかけてくれるなど、とても気さくで親しみやすさを感じ、こんな人と一緒に働きたいなと思いました。現在は融資担当として格付・継続稟議作成や契約書の作成、延滞回収などの融資業務に加え、個人ローンの受付や住宅ローンの条件変更なども対応しています。金融に携わる人間として当たり前のことですが、書類作成に当たっては文言や金額の記載ミスや、回覧印の漏れがないよう、細心の注意を払っています。また、支店の一員として、窓口が忙しい場合は手伝いに回るなど、融資の仕事だけでなく、できることは自分でするように心がけています。

どんなときでもお客様の一番の味方でいたい

私が日頃から思っているのは、融資担当として「お客様の一番の理解者でいたい」ということです。お客様が抱えるお悩みは、私の悩みでもあります。転職や病気、事故などの理由により当初の返済方法が難しくなった場合には、「どのくらい収入が減ったのか?」「いつ頃までに状況が改善されそうか?」などを一つひとつ丁寧にヒアリングし、お客様にとっても京都信用金庫にとってもベストな返済方法を一緒になって考えます。そのプラン通りスムーズに完済されたときは、大きな達成感がわいてきます。

Photo
Photo
日々のやりがいは様々な人と深く関わること

京都信用金庫で働いていると、お客様とのつながりを日々実感することができます。店頭でお客様から指名していただいたときや、住宅ローン販売で関わったお客様から年賀状をもらったときなどは、本当にうれしかったです。このように融資担当として、色々なお客様とお付き合いさせていただく中で身につけた人を見る“目利き力”を生かし、将来は企業金融の営業担当者になりたいです。大切なお金を扱う仕事なので、決して楽しいことだけではありませんが、地域に貢献し、お客様に喜びを届けることができる仕事なので非常に魅力を感じています。

職員を知る TOPへ
PAGE TOP