職員を知る

お客様一人ひとりのニーズに100%お応えしたい

Photo
職員同士の距離が近く、相談しやすい環境

大学時代は化学の研究に没頭しており、就職先の第一志望は化学メーカーでした。しかし、金融機関の説明会を受けたときに、お客様と深く関われる仕事であることを知り、業界研究を重ねていく度に、心が惹かれていきました。京都信用金庫を選んだのは面接試験で私の話を真剣に聞いてくれる面接官の姿を通し、人と人とのコミュニケーションを大切にしている職場であると感じたからです。入社後、そのイメージは正しかったと確信しました。インストラクターの方を始め、先輩方との距離が近く、わからないことがあれば気軽に質問することができ、先輩方は私が理解できるまで丁寧に教えてくれます。手続が上手くできなかった際には、インストラクターの方がマンツーマンでロールプレイングに付き合ってくれました。仕事上の会話だけでなく、業務終了後にプライベートの話題で先輩と盛り上がることもあります。このようなメリハリのある環境のおかげで、充実した日々を過ごせています。

いつでも全力、いつでも笑顔

現在は窓口で、入出金や振り込み、口座開設、定期預金などの手続を行っています。お客様の大切なお金を扱っているので、ミスなく確実に手続できるように心がけています。ただ、集中しているからといって厳しい表情になってしまうと、目の前のお客様に緊張感をあたえてしまいます。だから、どんなときでも笑顔で接客するように意識しています。これまで働いてきて印象に残っているのは、「退職金で定期預金をしたい」というお客様を担当したときのことです。最初にご来店されたときは口座を開設されるだけでしたので、「次にご預金をしていただく際は、私を呼んでください」とお伝えしました。すると再来店の際には、番号札をとらずに私を指名してくださり、とてもうれしかったです。

Photo
Photo
お客様にとって頼れる存在でありたい

今後の目標は、より多くのお客様のニーズに応え、ご指名をいただけるようになることです。そのために、現在担当している預金業務だけではなく、保険や投資信託についても深く学び、金融に関連する知識の引き出しを増やしていきたいと考えています。今振り返ると、就職活動は自分を見つめ直す貴重な機会になりました。学生から社会人になるのには不安があると思いますが、その気持ちはみんな同じです。教育体制が整っている京都信用金庫なら社会人として、金融に携わる者として最高のスタートを切れます。

職員を知る TOPへ
PAGE TOP