AduMEによるAPI連携サービス規定


1.API連携サービス
  • (1)API連携サービス(以下「本サービス」といいます。)とは、当金庫または外部のAPI利用事業者(以下、総称して「API事業者」といいます。)の提供する各種サービスを、共通のアカウントでご利用いただけるサービスです。
  • (2)API事業者は当金庫の代理業者等ではなく、本サービスは当金庫が提供するサービスとは異なります。また、本サービスにて利用可能なAPI事業者およびサービスは、当金庫が定める事業者およびサービスとします。
  • (3)本サービスの利用にあたっては、当金庫のAPIシステム基盤の構築、運用および管理の委託先である、日本ユニシス株式会社が定める「AduME(アヅミ)アカウント」を、本サービスの共通アカウントとして利用します(以下「AduMEアカウント」といいます。)AduMEアカウントの利用にあたっては本規定および日本ユニシス株式会社が定める「AduME利用規約」の内容に同意するものとします。
  • (4)本サービスは、当事者の一方の都合でいつでも通知することによりサービスを終了することができます。お客様が本サービスを終了する場合は、AduMEの「利用規約」に、基づき「AduMEアカウント」を削除してください。
2.利用者
当金庫のキャッシュカードが発行されている普通預金口座(総合口座の普通預金口座を含む)・貯蓄預金口座・カードローン口座(以下、総称して「サービス利用口座」といいます。)をお持ちの個人および個人事業主のお客様。(当座預金口座は除きます。)
3.利用開始方法
  • (1)API事業者が提供する各種サービスを利用される場合は、AduMEアカウントを利用して当金庫が定める本人確認を受け、API事業者毎に利用登録を行ってください。尚、ご利用から一定期間を超えた場合には、再度本人確認及び、利用登録を行う必要がある場合があります。
  • (2)前項の利用登録完了後は、API事業者が提供するサービスの認証情報をもって本人確認を行うこととし、当金庫は当該本人確認をもって、お客様の情報をAPI事業者と連携することについて、お客様の指示があったものとみなします。
  • (3)当金庫が第1項及び第2項の方法に従って本人確認を行い、取引を実施したうえは、当金庫は当該取引を有効なものとして取扱い、そのために生じた損害・損失・費用等(以下「損害等」といいます。)について当金庫は一切その責任を負いません。
4.利用可能なAPI事業者のサービス
本サービスでご利用可能なAPI事業者が提供する各種サービスは、当金庫のホームページに掲載します。
https://www.kyoto-shinkin.co.jp/catalog/API_service.html
なお、お客様の取引の状況や、端末の利用環境等によって、API事業者のサービスをご利用いただけない場合があります。
5.利用手数料
本サービスの利用にあたっては、手数料は発生しませんが、通信料はお客様のご負担となります。
また、API事業者が提供する各種サービスを利用するにあたっては、API事業者に対して料金の支払いが必要になる場合があります。
6.情報アクセス・取引指示認可の付与
お客様がAPI事業者の提供する各種サービスを利用される場合、お客様は、当金庫がAPI事業者に対し、各種サービスの利用に必要なお客様の口座情報、取引情報へのアクセスおよび取引指示の権限(以下、総称して「権限」といいます。)を与えることに同意するものとします。
7.サービス提供情報
本サービスで提供される情報は、お客様のサービス利用時点で当金庫のシステム上に提供可能なものに限られ、必ずしも最新の情報あるいはすべての情報を反映したものとは限りません。
また、本サービスのサービス提供日時に関わらず、本サービス連携が提供されない場合があります。
8.サービスの利用停止等
  • (1)お客様が本サービス利用停止を希望される場合は、お客様ご自身で、API事業者に対し利用の停止の手続を行ってください。
  • (2)前項の手続を行った場合であっても、当金庫がお客様とAPI事業者との間の各種サービスが利用停止されたことを確認するまでの間、当金庫は当該サービスが有効に継続されているものとみなして本サービスの提供を続けるものとします。
  • (3)当金庫が定める一定の期間内に、お客様がAPI事業者のサービスを利用しなかったこと等により、API事業者が提供するサービスを通じたお客様の口座情報へのアクセスまたは取引指示がなかった場合、本サービスを停止する場合があります。
  • (4)前項にかかわらず本サービスの再開を希望される場合は、再度本サービスの利用申込を行うものとします。
  • (5)本規定および「AduME利用規約」にかかわらず、当金庫がやむを得ない事由により必要と判断した場合は、当金庫はお客様の意思によらず、本サービスの利用停止を行います。
9.サービスの休止
システムの安全運行等必要な事由がある場合は、本サービスを休止することがあります。
サービスを休止する場合は当金庫ホームページ上またはその他の方法によりお知らせします。
10.サービスの提供の停止・休止・終了
第9条及び第10条の規定にかかわらず、当金庫がやむを得ない事由により必要と判断した場合は、本サービスを停止、休止または終了することが出来るものとします。
11.反社会的勢力との取引拒絶
本サービスは、お客様が次の各項のいずれにも該当しない場合に利用することができ、次の各項の一つにでも該当する場合には、当金庫は、本サービスを開始せず、停止もしくは休止し、または終了することができるものとします。
  • (1)お客様が暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「暴力団員等」といいます。)に該当し、または次のいずれかに該当することが判明した場合
    • @ 暴力団員等が経営に支配していると認められる関係を有すること
    • A 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    • B 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    • C 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    • D 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  • (2)お客様が、自らまたは第三者を利用して次のいずれに一つにでも該当する行為をした場合
    • @ 暴力的な要求行為
    • A 法的な責任を超えた不当な要求行為
    • B 取引に関して、緊迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    • C 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当金庫の信用を毀損し、または当金庫の業務を妨害する行為
    • D その他@からCに準ずる行為
12.免責事項
  • (1)当金庫は、API事業者が提供するサービスに関し、本サービスとの連携が常時適切に行われること、お客様の利用目的に適合すること、正確性、的確性、信頼性、適時性を有することの保障を行うものではありません。また、API事業者のシステム管理態勢その他のセキュリティレベル、顧客保護態勢、信用性等が十分であること、他の事業者の知的財産権その他の権利を侵害していないことの保証を行うものではありません。
  • (2)API事業者が提供するサービスの利用、またはサービスが利用できなかったことによってお客様に生じた損害等の賠償および補償については、お客様と当該API事業者との間で解決されるものとします。
  • (3)本サービスの利用に関し、不正アクセス・情報流出・情報漏えい等が生じた場合、そのためにお客様に生じた損害等については、当金庫に責めがある場合を除き、当金庫は一切の責任を負いません。
13.譲渡・質入等の禁止
本サービスに基づくお客様の権利は、譲渡・質入れ、または第三者への貸与はできません。
14.規定の変更
  • (1)この規定の各条項は、金融情勢の状況の変化その他相当の事由があると認められる場合には、ホームページ掲載による公表その他相当の方法で公表することにより、変更ができるものとします。
  • (2)前項の変更は、公表の際に定める相当な期間を経過した日から適用されるものとします。
15.準拠法・合意管轄
本サービスに基づく諸取引の契約準拠法は日本法とします。本サービスに関する訴訟については、当金庫本支店の所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とします。

以上
2021年10月27日現在

閉じる